How to

090524

May 24, 2009 01:13
チベットを訪れての見聞、考えたことを綴った「チベット・リアルタイム」というコラムをオンライン雑誌「webDICE」で連載、毎回動画付きのエッセイ仕立てとなっています。現地で撮影した映像をアップリンク社の協力で編集していただき、高度な仕上がりになっています。プロ仕様の映像で「チベトロニカ」を追体験いただけます。
--->webDICEへのリンク



□続けて動画を全部見るための再生リストもあります。
--->モーリー・ロバートソンのチベット紀行

090224

Feb 24, 2009 12:51

☆こんにちは。このサイトに初めて来られた方に、簡単な案内を申し上げます。

○ブログ形式で最新のエントリーが掲載されていますので、一番はじめから読むにはページ下からリンクを押して遡ってください。一番最初のページはここにあります

○チベット編の動画のみを続けて見るための再生リストはこちらにあります

○ウイグル編の動画のみを続けて見るための再生リストはこちらにあります

○映像・音声ファイルのすべてを時系列で取得するには右上の「Filez」ボタンを押してください。初回からすっきりと順番に試聴できます。

○ポッドキャストとして登録することでも「iTunes」にすべてのファイルを取得できます。

○CC--クリエイティブ・コモンズの扱いで数々の音と少々の写真・映像を公開しています。トップページから「Materials」ボタンへどうぞ。これらは素材として著作フリーで使えます。

○このドキュメンタリー旅行の映像や音声キャストは、錯綜する情報と混乱が起こりがちな行程の中で、状況をストレートに語ることを重視しました。そのため主催者の気分も見解も、自然に揺れ動いています。正しい答えは見つからず、そもそも見つけようとしていませんでした。まずは現地に行って、状況を皮膚呼吸のように感じ取ること。何が起きているのかをとにかくリアルタイムに感じて、現在形で日本に生中継すること。これが狙いでした。チベット人・ウイグル人・そして中国人全般の自由と人権に貢献したいと思っています。ですが、どういうところで何が起きているのかを具体的に感じ取るところから始めていきたいのです。人権問題よりも深淵なチベット・ウイグルの息づかいを、これら映像と音の断片から感じていただければ、やった甲斐があります。日本とは、かなりかけ離れた世界を、しばしご堪能ください。

■モーリー・ロバートソン公式サイト■
http://officemorley.jp/

070820

Aug 20, 2007 07:36
tibetronica_theme.mp3
tibetronica theme music






菅野由弘氏が作曲した「チベトロニカ」のタイトル曲を公開します。

作曲 菅野由弘
演奏 大谷康子(Violin)

※この楽曲の著作権は作曲者・実演者に帰属するものであり、CCの対象とはなっておりません。ご了承ください。

070627

Jun 27, 2007 09:00

0627.goat.jpg

さらに静止画像の写真を追加しました。公開されたファイルはこれで合計65個になります。

→こちらより「materials」ボタンをクリックしてください。

070624

Jun 24, 2007 11:28

0624_stupa.jpg

materialsページに音声・映像素材を追加しました。公開された素材の数は合計49個になります。
今回はシガツェの寺院で行われた「チャム」の儀式を訪れた時に収録した音声もアップしています。円陣を組んで読経する尼僧たちの声(ファイル名:tcc036)はかなりめずらしい音声サンプルです。18分間あるので「曲」としても聴けます。

→こちらより「materials」ボタンをクリックしてください。

リンク: 日本ポラロイドが「チベトロニカ・プロジェクト」の活動報告会 - 六本木経済新聞.


 日本ポラロイド(港区)は6月15日、国際文化会館(六本木5)で同社がサポートするアートプロジェクト「チベトロニカ・プロジェクト」の活動報告会を開催した。

 チベトロニカ・プロジェクトは、マルチメディア・アーティストのモーリー・ロバートソンさんがプロデュース・総指揮を務めるアートプロジェクトで、モーリーさんらが実際にチベットを訪れ、直接触れて実感したことを日記、写真、映像、音声等でレポートするもの。モーリーさんらは約2カ月間かけてチベット自治区ラサ等を取材。映像配信には「iTunes」や「YouTube」、ポッドキャストには「Skype」を使用しており、スカイプ・コールでの日本、パリ、テキサス等を結んでの放送なども実施したという。

 モーリーさんは、ミュージシャンとしてデビュー後に渡米し、ハーバード大学を卒業した。J-WAVEなどでラジオ・パーソナリティーとしても活躍するほか、自身でポッドキャスト番組「i-morley」を配信、同プロジェクトでも毎日配信を行った。プロジェクトにはこのほか、作曲家の菅野由弘さんらが参加し、モーリーさんが現地で取材した音素材をインターネット経由で日本へ送り、菅野さんが組曲を制作した。
 
 同社の伊藤裕太代表取締役社長はプロジェクトサポートの理由に「サポートを通したブランドイメージの発信」を挙げており、「(サポートを通して)世の中に良いコンテンツを作っていくお手伝いをしたい」と話した。


070615

Jun 15, 2007 02:55

「チベトロニカ」プロジェクトから動画・音声の素材ファイルを「CC=クリエイティブ・コモンズ」として公開します。CCについての簡単な解説は以下のサイトで動画となっています:

http://video.nifty.com/help/about_cc.htm

CCは著作権者の権利を守りつつ、かつ著作物の流通を促進するための仕組みですが、「チベトロニカ」のファイルは原則的に「継承・非営利・改変許可」という扱いにする方向で動いています。(営利目的での利用をお考えの場合は、その都度相談してください。)

Creative Commons License

これらの 作品は、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

これらの素材を使って創作をされた方は、是非メール・フォームにてご通知下さい。一部の作品をこのサイト上でも公開させていただきたいと思いますので、どうかよろしくお願いします!


materialsページを一部アップしました!
逐次追加されていきますので、お見逃し無く!
→こちらより「materials」ボタンをクリックしてください。

----06.16 更新情報
素材を20件アップしました。これらのリンクを直接ブラウザ上でクリックして確認できます。また、ファイルをダウンロードするには
Windows:「右クリック→ダウンロード」
Mac:「Control→ダウンロード」の手順でお願いします。

070403

Apr 03, 2007 05:25
0402.girl.mp3
tibetronica podcast file #023






音源を組み合わせてサウンドトラックのスケッチを作りました。すでにあった素材とチベットの音源を接合しています。

070402

Apr 02, 2007 11:03
0402.tokyo.m4v m4v形式
tibetronica videocast file #022
from tokyo.

チベットの吹き流しは「タルチョ」と呼ばれる。連なった布のひとつひとつに経文が書かれ、風にはためいただけで功徳が風下に流れていくとされる。チベット人は風の特に強い場所に来ると「ルンタ」と呼ばれる紙片も投げる。

桜が満開の東京で、持ち帰ったタルチョをはためかせながら、チベットに思いを馳せた。

070331

Mar 31, 2007 09:19

今夜も11頃より放送の予定です。

---☆---放送は終了しました。後日ポッドキャスト配信の予定です。

2 3 4 5 6 7 8 9 10 次の10件