How to

070216

Feb 16, 2007 05:27
ti_0216.mp3
tibetronica podcast file #016
from Tibet.






シガツェから戻った直後の再放送です。


拉薩郊外よりの写メールです。

070216

Feb 16, 2007 01:12
0216.m4v m4v形式
tibetronica videocast file #007
from Shigatse.

旧正月を目前にしたシガツェの賑わい。

070216

Feb 16, 2007 01:05
0222.m4v m4v形式
tibetronica videocast file #008
from Shigatze.

070216

Feb 16, 2007 11:45
0302.gyantse.m4v m4v形式
tibetronica videocast file #009
from Tibet.

チベットの拉薩から半日離れた町・ギャンツェ。強い日差しとは言え、朝の気温は連日、零下3度前後である。市場には自動車のみならず、トラクター、馬車、人力車がごった返し、交通整理もなされないまま渋滞が発生していた。

ti_0215.mp3
tibetronica podcast file #015
from Tibet.







ネット環境が弱いため携帯電話からの写メールをどうぞ。

拉薩から離れてギャンツェよりのライブキャストに挑戦しました。
ポッドキャストとしての再放送です。

070215

Feb 15, 2007 03:46

toshi_tibet_018.jpg
photo by Aida Toshi

070214

Feb 14, 2007 08:15

070214

Feb 14, 2007 04:26

まさに「マジェスティック」という形容詞がぴったりのポタラ宮の前を何度もタクシーで横切った。東京の3分の2ほどしかない酸素の中で朦朧としながら見上げると、なお威厳が増す。しかしあまりに青い空を背景にすると、なぜか小さくも見えた。旧正月の午後、にわかに空が曇り、冷たい風が体温を奪う中、再びポタラ宮の前を、内装が劣悪な市内タクシーで横切った。

070214

Feb 14, 2007 02:38
0214.m4v m4v形式
tibetronica videocast file #006
from Tibet.

拉薩の市街地は漢族側と蔵族側とに、きれいに分かれている。蔵族サイドの裏道にカメラを回したまま突入してみた。チベット正月前の期待感で市場が張り詰めている。すでに生々しい生鮮食料の光景には慣れてしまった自分を感じた。むしろティーネイジャーや子供がカメラをいきなり睨みつけたときの視線にひるむ。とにかく市場の中へと進み続けた。曇っていても紫外線は依然、強い。背筋を上ってくるような冷気が夕方の拉薩を覆い、日が沈むと冷たい風も吹き始めた。

070213

Feb 13, 2007 06:16
ti_0213.mp3
tibetronica podcast file #014
from Tibet.






尼寺で高山病になったモーリーのライブキャストの再放送。

前の10件 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次の10件